flat

雑多な日記

20111113

きのうのはなし。

デザインフェスタにゆゆたんといってきた。夏頃に行こうねって約束をして、それで昨日。誘ってくれてありがとう! ほんとにたのしかった。刺激たっぷり。出展されてる方それぞれ好きなことをされていて、いろいろあるってなんてすばらしいのか! 好きってすてき! と思ったりしました。展示をわたしもちょっとやってみたい。来年11月とか、どうかな、できるかな。見ていて手元にほしいなと思ったのは木工の物が多かった。寄木のぐい飲みとか。あと金工もおもしろい! 陶芸については自分がやってるからかもしれないけど、ただおいてあるだけで手にとってもらうのはむつかしいな、と思ったかなあ。テーマ性みたいなものがないと流れていってしまうというか。だからスペースきっちりとって、ブースのテーマも決めて、ゆったりさわってもらえる空間作りをしたほうがいいなと思った。

「サチコと妹」(http://sachi-imouto.main.jp/)さんのところで無理いってさなぎの絵を買わせてもらいました。さなぎのデッサンなんだけどね、すごくやさしいかんじで、あ、いいな、と思ったのです。値段がついていなくて(売り物じゃなかったんだろう…)これまた無理いって値段つけてもらって。引っ越した部屋に飾らせてもらおうとおもいます。

ものをつくるってたのしい。見るってたのしい。

ぼんやり思うのは、丁寧にやりたいなーって。いつもそう思うけど。丁寧にやってるかそうでないかって、出来上がってきたものにありありとあらわれるし、伝わってしまうのだと思う。大切だと思って作らないと、大切だと思ってもらえないのではないか。自分で蔑ろにしといて相手には大事にしてほしい、なんてたぶんない。