flat

雑多な日記

ぐるりとまわってほっこりを探す

いやだな、と思うことももちろんたくさんある。周りの情報に踊らされて、ぐるぐる、ぐるぐる、胸が痛む。だけど目の前に起こる現実の中には、ああ、と思うことも、たくさんある。
昨日思うことを日記に書き連ねようとしていたが、書きすすめていくうちに、結果文章として残ったのは電車の中でサラリーマン風のおじさんが男の子に席を譲ってあげようと、ここあいてるよすわりなさい、っていってるところだけだった。男の子も、大丈夫です、ありがとうございます、ってこたえてて、はーえらいなあ、すごいなあ、かわいいなあ、と思ってきゅんとしたのでした。
なんでもないことのようだけど、そういうちょっとしたことにすごく励まされる。
いまはもういらいらしているのがばかばかしいなと思って。いらいらするよりほっこりしていたほうがずっといいのだと思う。