flat

雑多な日記

ノート

ノートに文章を書くようになって、パソコンで書くものとの違いに驚いているけど、ああこっちがわたしのリズムかと思い始めている。誰にも読ませられないくらいへたくそだ。けれど悪くない。手で書くと文章を書く基礎体力のなさを知ることができていい。書いても書いても小説にはどうやったってならない。ほんと笑っちゃうくらい下手なんだ!笑 そして改めて知識もないなと!笑 けど、いまはそれがたのしい。1日中、小説のことを考えて、足りないところは何かを探している。昼間はそれで、夜は手の動かす。サークルの準備したり、絵描いたり、ビーズ作ったり。その繰り返し。いやー…ほんとにたのしい。たのしくておもしろくて、たまらない。

あ、そういえばついにビーズ用の工具を買ったんです。今までは作りたいときはビーズの工具を貸し出してくれるお店にいって作ってたのです。これで家で作り放題。うれしい。