読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

flat

雑多な日記

つくったBL短歌まとめ 2014

201401

ひりついたむかし話だゆっくりと首を垂らすぼくのゆうれい

ろくべえを待たせたままで円形の空を見上げる あんなに青い

盤上に踊るぼくらのやくそくは灯台のあかりのようにある

さみどりのひかりを消してゆくときの消しゴムは盗品だおまえの

201402

  (大雨洪水警報は出されたままだ)
ぼくたちはクローン透けた肉体を重ね合わせて愛を放てば

分かたれて風が止んだら心臓のおさまる場所を正確に知る

きみは王さまのようだね群青と交ざるジャングルジムのてっぺん

201403

「かみさまのこえがしなくてぼくはもういけないからさ、さよならしよう」

201405

愚かなる問いでしょうかとライラックより降る花をあつめてきみは

花は咲く/咲く/空白を略さねば咲かぬとぼくら言ったそばから

いつまでも子どもであった足裏を浸すゆうべのほのあかり消ゆ

さみしげに佇むひとの影をみる唱える神をもたぬぼくらは

(満開のブーゲンビリアをくぐりぬけ祈る静かな副音声だ)

やくそくがときにひかりになるように(祈る)川のおと聞いて帰ろう

永遠でない子どもらが抱きあって眠る夜明けだ すこしさみしい

綯い交ぜのままよろめいて口づける睫毛にぽつりとまった涙

201406

ひとすじの帯/天井にながれつくかつてはぼくも星の子だった

201407

少年でしたか ほとりに立つぼくはきみの姿をしていましたか

この地図にぼくらはいないからはみだして塗ってゆくクレヨンの青

目も耳も遠く離れてお祈りの仕方をぼくは不意に忘れる

手になれた音階をかけあがりつつお別れのことばをかんがえる

鉄塔をのぼる幽霊いくたびも生まれて死んでいくたびも雲

深緑色のカーテン透けてとりつくろわれた咆哮、白夜、蝉たち

201409

甘さとは、とまで考え夕立のきいろ、校庭、窓のひと粒

201410

かがみよかがみせかいでいちばんうつくしい冬のはじまり木枯らしよ 見て

201411

でもぼくがまずすべきこと息をすることねむることすこし泣くこと

なんとなく残しておこうと思ったものだけさかのぼってまとめることにする。
BL短歌ですが自由に読んでください。