flat

雑多な日記

つくった短歌まとめ 2013

201302

未だおとを結ばぬ場所の静けさに満ち満ちているうつわを鎬ぐ

途切れない水平線のようでした瞼の黒に滲むひかりは

  (Iくんの葬儀を思い出していた)
空は海、みかんは珊瑚。山路をおわかれのため歩む冬の日

春近く山里笑うときのよう まあるいものをもらってかえる

みどりの風が吹いてる原っぱでバンドエイドをはる準備中

201303

名づければこわれてしまうものたちとくっついている三月のひと

詩たちはいつかの海を夢にみて川のほとりにならんでいます

透明な春風になって眠ってるクマの子どもを起こすお仕事

宵越しの酒に浮かぶは音だけのあいうえおとかお水ください

伸びゆくは猫だけでない あけぼのの靄、バンドネオンの音、そして

授かりし身体のどこかに沼があり足踏みこめばいっそ戻らぬ

その線を越えなくていいほどほどに歩めよと説く病床の父

あなたとのたったひとつの約束のため卵をコココココ 茹でる

いまをもし捉まえたければ風呂の湯をゆくりゆくりかけるほかない

戦後後という平穏に戦前という名をつけて見ゆる恐怖よ

中東のテロのニュースののちに見る女優の肌の美しきこと

201304

細胞が父の気配を吸い込んで死の描かれたうたに沈みぬ

この宇宙の誰かと話すはじめてのときぼくたちはどの音を連れて

201305

おそるらく抱けるくらいの抜け殻を環状線に残していくね

丘に立ち満ち満ちてゆく月を見るいつしかここも海になるのね

今日もまたラジオ体操ぼくたちはちからいっぱい手を振り上げる

発電をしつづけるから自転車は縮んだ夜をふっとばしてく

歌集から小鳥のうたが聞こえるの金糸雀かしらそれとも雲雀

やさしさの足止めをみる霧雨にきみがそんなんいいんだと言う

201306

行間に棲まう元素を撫でている気まぐれに噛む気まぐれに鳴く

朝がきて分裂しますわたくしの昨日が部屋にぼうやりといる

霧雨を走りゆく少年の手に傘を手渡す姉というひと

やさしさに押されて坂を転がってゆく球体に角をつけたい

好きですと告げるでもなくわたくしは小鳥の羽をむしってしまう

  進撃短歌
はつこいはさらわれてゆく彼のひとの腕に殺がれる洞のうちがわ

201307

なついろの魚の群れが並走す中央線でことばをさがす

借りもののからだをかえす線上に背負われていたころのわたくし

201308

  進撃短歌
一本のいかりを天に引き上げよはなたれるにんげんという舟

せんせいがほろびのうたをうたうのでほころびにぼくらは掌をあてる

夜のうちに立つ鉄骨のキリンたちぽつりその目に火を燈しおり

太陽によって切り替えられてゆくサウンドトラック 夏が終わるね

201309

ぼくたちはおんなじ星を覗きこみしきりに固有のことばをさがす

一日をそんなにちぎってしまったらたましいまでもちぎれてしまう

くるぶしを洗うあなたを待ちながらピーターパンの影を縫う夜

とくべつと名前のついた王冠をあげる静かに眠りたいから

しらじらとせかいは拡散されていてなのに見えない雨が降ってる

201310

まるまって再生をするかたつむりてのひらのなかほの明るくて

さよならを言い忘れたと水底のたたずむ町に落ちるあかぼし

えいえんに触れられはせぬ場所で燃ゆ炎のようだたぶん怒りは

ことばなき地平でぼくは土たちのささやくような呼吸に触れる

とりどりのクレパスクレヨンはねている夢をみましょう夜はパレード

東京はやさしいところわたしにも誰かの顔をかぶせてくれる

201311

はしっこに恐れも乗せてぼくたちはことばの海へ漕ぎだしてゆく

箱庭はしとしと満ちるかみさまの気まぐれな如雨露は傾いて

だんだんにひとのことばのりんかくをたもてなくなるまひるのおわり

走る魚

掬われてゆくものがある少しまえのぼくが忘れた春の陽だまり

ただしさという名をもらう美しきひとの祭にぽつねんといて

放られたうつわは満ちてひたひたと息をとめれば魚でも死ぬ

ゴルゴダの丘の在り処も知らないでぼくは誰かをおくりつづける

おとなたちが溺れないよう水槽の水はときどき抜くことにする

対岸の光は鈍くのばされて朝だ小鳥が鳴くふたたびの

201312

箱庭と呼ぶほかなくて万物のひかり塗れる叙情を仕舞う

  2013年12月7日 戦後後が戦前になっていた朝
熱帯魚みんなみな水槽に浮く笑みの交差をゆく池袋

その籠は影ぼくたちをとらまえるものではないよ怖れずに飛ぶ

悲しみをロケットにして打ち上げる遊びはやめる絶え間なき星