読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

flat

雑多な日記

つくったBL短歌まとめ 2013

201302

  しろやぎさんくろやぎさん
ポストにははいりきらない愛のうた読まなくていい届くのならば

こいびとは鎧ではないぼくたちはコタツに足をつっこんでいる

いついつかいつかくる日を待ちながら無邪気なひとと朝夕を食む

きみのいうかなしみはいつどこからかくるのだろうねテストみたいに

201303

交わりが滅びではない青空に二羽白鳥が睦みあい飛ぶ

少年はあえかなる交わりのよう菜の花を湯にくぐらせている

  塩と塩入れ
過ぎ去りしこととことわり真夜中にきみはぽつぽつ海のはなしを

ストーカーと呼んでくれるなきみに憑き守りつづけるのが仕事ゆえ

201304

少年の羽根を千切って暮らしてる 男の人にときおり売れる

抗菌の部屋でなければ生きられないなにかのようだきみらふたりは

この肩の重みよ続け終点でさらばさらばとふざける朝も

ベガ・デネブ・アルタイル 点をうつときは息止めている遠い背中よ

あしあとを残す気のない風のようゆるやかに去るきみの映像

生きているのではないのだ朝がきて僕は数ミリずつ死んでいる

ぼくは黒あなたは白としてねむりいまは一羽のつばめとなった

甘やかなひかり断たれた尾をきみが拾いつつゆく春の遠足

201305

右を見て左を見やるぼくたちはいつだってべつべつにあること

このひかりはきみの見ていたものですか これはビルです あれは、虹です

あの土は寝心地がいい幼年の終わりの朝に背中を割いて

まばたきにはさまれてゆく星々は遠いむかしのぼくらであって

201306

幾千の獣が牙を砥いでいるここはひとりも死なない世界

201308

  『ロザリオス』トジツキハジメ
一点(ロザリオ)でつながっているぼくたちは互いの祈りを知らなくとも

201309

曇りなき青 満ち満ちておとうとは禊をすませ生け贄となる

201310

ぼくたちはヒトとなまえのついている熱 高速で飛びつづけます

そのひかり消しさるたびに深海にいるように鳴る携帯電話

どこまでもいけないのだね水槽に沈んだような車両は揺れて

201311

たったひとつの裂け目もないとうそつきの肩口にくちづける群青

  きょう/ゆ/う/けつ/しょう
境界を夢にみたならうそつきの血族としてショーにでましょう
今日だけは赦していてよ麗しき結句のトリック証明するね

ぼくたちは限界までひきのばされた宇宙のはしっこすこしさみしい

越えたなら越えただけさみしい明け方の規則正しい背骨の並び

201312

換えてよとうつくしきたましいの縁より飛ぶ夢想(祈らないこと)