flat

雑多な日記

手放す

午後からハローワークへ行った。雇用保険の受給手続きをするためである。手続きが面倒なので、もらわずに就職できるならとも思ったが、焦って仕事を決めたとてまた同じことの繰り返しと思い、もらうことにした。

昨日に引き続き考えてはいるけれど、答えは出ない。ただわたしがそんなにやきもきする必要がどこにあるだろうとも思った。彼がもっと不器用だったなら違ったのかもしれない。仕事以外、自分のやりたいことは好きにやっているし、どうこうする必要はないのかもしれないなと思った。これは楽を選んだだけだろか。わからない。