flat

雑多な日記

いきかえる

先週は起きている時間より眠っている時間のほうが長くて、ほとんど別の生き物のようだったけれど、昨日くらいから身体の重みが抜けて、今朝はきちんと目が覚めた。

朝ご飯を食べて部屋の掃除をしてふとんを干して、と日常(わたしにとってはほとんど非日常となっていたこと)のこまごまとしたことを片付けていると、時間の流れが穏やかで、ただたんにわたしは会社という空間から逃げ出したかっただけかなとも感じてしまった。わたしがやりたいと言っていることのどれが本当なんだろう。こまごましたことを片付けただけなのに、じわじわくる幸福感!

しばらくがんばらなくてもいいんじゃないか。ああしなきゃ、こうしなきゃ、しっかりしなきゃ、みたいな焦りがいつもあって、それで走ってきたところがあるけど、この非日常が日常になるころ(あと数日もすれば)、わたしの気持ちはちゃんと次に動いていくようにも思うから、焦らずにいこう。引っかかっていること、やらなきゃいけないことをしながら、やりたくないことはやらずに、やりたくなるまで、待つ。少しずつ進めばいい。そのほかの面倒なことはどうにかなっていくはず。

毎日やりたいと思うことをして過ごそう。気持ちがほわほわすることをしよう。