flat

雑多な日記

ことばに

 (わづかの光の交錯だ)

こういうとき言葉に助けられている。手放せずにいる怒りであるとか。こういうものははやくどこかへやってしまいたいのにいつまでも胸のうちにいすわってじりじりとしつこい。こういうときいままで読んできた言葉に助けられている。ぽつぽつ思い出すままにつぶやくだけですっと胸の内が静かになる気がする。

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)