flat

雑多な日記

さよならの

20Dを使って写真を撮るようになって7年になります。彼にもついに限界がきたというか、そろそろ買い替えかなあとは思っていたのですが、今回の撮影では本当に何度か動作がおかしくなったりして、あーもうそろそろお休みしてもらうときなのかなあと。いやー…なんだか20Dにはほんとにほんとにお世話になったのでありがたくもさみしい気持ちです。や、これ、何か、まじめにさみしいよ。

次の子をお嫁に迎える余裕は正直ないんだけど、それでも迎えなければはじまらないところがあるので、近々見に行ってみようかと思っています。

撮影はいつものごとく。なんだろう、新たな試みもありつつ、いつものかんじもありつつ。よくなかったところ、よかったところ、両方あるな。今回はわりとカポックが写り込んだりしちゃって、気をつけてたつもりだけど、もっと気をつけなきゃあかん。できるだけモデルさんには自由に好きに動いてもらってそこから自分がうごいて良いアングル見つける、っていうやり方をとってるのだが、もうちょっと指示だしたりしたほうがいいのかなー。でもやりたいようにやってもらったほうがのびのび良い写真が撮れるような気もする。わたしはなんか、こうして! こうやれ! とかあんま好きじゃない。そうしたほうが良いってわかってても、本人がそう思わないときは、そうしなくて良いって思っている。自由にその人の思うままにやってほしい。

こんなんでわたしは大きく移動する気があるのだろうかとぼんやりしています。父が地味に反対していることもありつつ、嗚呼。いまは少し疲れているのでもうちょい元気なときに考えよう。