flat

雑多な日記

20110916

仕事。帰りに工房によって取材のお手伝い。
言葉はわたしの影となって足裏から一向に離れていかないが、そろそろぺっとはがしてどこかのたんすにでも押し込んでおきたいと思う。