flat

雑多な日記

迷う、迷わない、「あなたのそばにいたい」

体力的にも精神的にも少々まいっているようで、ここ数日で方々から「とにかく早急に休め」というアドバイスを受けて、まじめにいったん休む方向で動き始めました。

自分で自分のことってあんまりわからないもんなんだな。気づかないというか。とある人には「強がるからなあ」といわれ、また別の友人には「根つめタイプだから休まないとだめだよ」ともいわれ、言われてはじめて、そっかあと思ったりもした。自分では無茶してるつもりはなかったんだけど、そんなこともなかったのだね。

いろんな選択と可能性を考えて、静岡に帰ることを考えたものの、東京で過ごした時間は学生のときから数えれば6年近くにもなるわけで、現実として手放すと考えたとき、はじめて迷った。迷って、できない、と思った。いつだってぽーんってどこにでもいける、みたいに思ってたのに、いざ現実に近いところで考えたら、いやいやいやいやそんな簡単なことではないなって。いつの間にか自分の手の中に、捨てられない大事なものが増えている。

去年からぎゅーって走り続けてきた部分をすこしスピード落として、もう一度、いままでとこれからを考えます。これは手を動かしていくなかにしか答えはないと思うのだけれど。

ぐるっとまわって、原点回帰。
17歳のわたしを引き連れて、もう一度いちからスタート、してみたい。