flat

雑多な日記

土に触ってるとなんでこうも落ち着くんだろう ざわめきがなくなってすごく楽になった。

一度だめになったらほんとにだめってのはあたってて、それでいいわけはないなと思う。無理に好きになることもないけど、嫌いになる必要もなくて、そのいろんな嫌いが自分に対する嫌いに近い気がするな、なんて今日は思った。どうなったら好きになれるだろう、せめて嫌いじゃなくなれるだろう。



ものづくりで変に褒め合うのは気持ち悪くて、お世辞って言われても言ってもすぐにわかるし、過剰な謙遜って卑屈に思えるし、かといって自信過剰もみっともないし、どんぐりの背比べみたいなこともしたくなくて、自分のかたちをもっと知りたい。なにができなくて、なにができるのか。なにが足りなくて、なにが過剰なのか。わたしになにができるのか。なにをつくれるのか。なにを伝えられるのか。どう在るのか。在りたいのか。




どう生きていくのか。

いつだって本気だ ばかみたいに本気でいきたい 人付合いもものづくりも。自分をごまかすなよ。自分の気持ちをごまかすな。きれいも汚いもマイナスもプラスも、全部ありのままをきちんと受けとめる努力をしろ。

目、かっぴろげてみろ!