flat

雑多な日記

たぶん

自分の考えの幅の中に収まらないことも「あ、そっかそういうこともあるのだ」と受け止められる遊びの部分をつくっておきたい。