flat

雑多な日記

1月10日

撮影。慣れて余裕がでてきたのか短時間で良いものが撮れた。いつもがしぼりきるかんじなだけに「先生、自分まだできます!」というテンションで、写真を選ぶほうに力が要った。だけどたぶんこれくらいの力加減で、冷静に燃えた(なにそれ)ときのがいいものを撮れるのかも。これ写真に限らずなんでもそうだな。じっと引いて見据える、そこに自分をもっていくのは毎日の繰り返ししかない。
毎度のことながらお世話になりました! ありがとうございました! そしてごはんすごくおいしかった ごちそうさまでした。

わたしはこれから何を「当たり前」にしたいんだろう。まだぐらぐらぐらぐらしていて、考えてしまう。