flat

雑多な日記

12月16日

喜怒哀楽かかわらず大きな感情の震えはものづくりに直結するけれど、流れがゆるやかなときに作ったもののほうが後から見たとき腐敗が少ない気がする。それが良い悪いという話ではなく、感情はなまものなのだと思う。