flat

雑多な日記

12月5日

午前中は祖母のお手伝いをして昼頃から病院へ。祖父は先週よりずっと良い状態だったが未だに意識は戻らず。誰かがきたなーとかそういうことはわかってるみたいだけど多分目は像を結んでいない。それでも呼吸は穏やかだし瞬きがあったり口を動かす素振りがある。肺炎の症状が落ち着いてきたぶん、あとは祖父次第なのだなあと思う。ここまできたらわたしたちにできるのはそばで応援することだけ。

病院へ行く前にIさんから電話。ふぐ食べにいかない? というお誘いにより夜はふぐを食べにいった。毎度のことながらIさんの一家団欒にお邪魔させてもらって元気をもらいました。ありがとうございました。帰ってから撮影の相談。今年最後の撮影なのでめいっぱい遊びをいれたかんじにしたい! おおまじめに遊ぶってすごく楽しい。