flat

雑多な日記

母から

パソコンにメール。気に入った詩があったといって。

立ちつくす

   祈ること。ひとにしか
   できないこと。祈ることは、
   問うこと。みずから深く問うこと。
   問うことは、ことばを、
   握りしめること。そして、
   空の、空なるものにむかって、
   災いから、遠く離れて、
   無限の、真ん中に、
   立ちつくすこと。
   大きな森の、一本の木のように。
   あるいは、佇立する、塔のように。
   そうでなければ、天をさす、
   菩薩の、人差し指のように。
   朝の、空の、
   どこまでも、透明な、
   薄青い、ひろがりの、遠くまで、
   うっすらと、仄かに、
   血が、真っ白なガーゼに、
   滲んでひろがってゆくように、
   太陽の、赤い光が、滲んでゆく。
   一日が、はじまる。------
   ここに立ちつくす私たちを、
   世界が、愛してくれますように。

         長田 弘 「人はかつて樹だった」