flat

雑多な日記

さよなら、これは一生ものの恋

 懐かしい人に会ってきた。ちゃんと話すのは4年ぶり。その人は今まで生きてきたなかでたぶん一番密に時間を共有した人で、わたしのわがままを何度となく許し続けてきてくれた人です。

 変わってなかった。相変わらずわたしにべらぼうに甘くて、やさしかった。あなたはわたしに甘いからなあ、というと、それはね一生変わらないから仕方ない、と答えて、それはもう二度とはじまることも終わることもないから言える言葉で、わたしとあなたの関係は時間をかけてこういう形になったんだな、と思った。ほんとにありがとう。

 どうかどうかお幸せに。