flat

雑多な日記

 まおちゃんの演技をもう一度見たら、あのプログラムを本当によくすべりきったなあと思った。

 シーズンの最初は、天真爛漫なイメージのある彼女とはどうにもちぐはぐに感じて、曲も衣装ももうちょっと軽めのほうがいいんじゃないか、なんて思ったけど、日本選手権のとき、彼女は「鐘」を自分の物にしていて、驚いた。数え切れないくらい滑って、身体であの曲を解釈してきたんだと思った。

 オリンピックは特別なものなのだ。グランプリシリーズも、世界選手権も、同じ国際大会のはずだけれど、オリンピックはやっぱりちがう。テレビで見てても空間の緊張が違うから、選手はどれだけのプレッシャーと戦って、あるいは楽しんで、そこにいるんだろう。みんなみんなすてきだった。本当にすばらしかった。