flat

雑多な日記

どこから行っても遠い町

 川上さんはいっときとどまっているような印象があったけど、今回のを読んで、また違った方向にいきはじめたなあと思いました。今までとなにがちがうのかはわからないんだけど。真鶴を読んだときにたまらんなーと思ったときとおなじようなかんじ。掲載しているものによっても違いがあるのかなー。今回の本はよかった。