読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

flat

雑多な日記

すきま

3月末から仕事の合間をぬって自分の文藝について考えていたのである。ここを見ている方はご存じだと思うが短歌を作ってみたり詩をかいてみたり俳句を投げてみたりして答えを模索していたわけだがどうにもこうにも落ち着かず、結局散文とかっこつけてみようと…

青き春の墓標

さよならの代わりの「またね」繰りかえし百年たって出会うさよなら

2011総括。2012予定。

2011年。総括、しようと思うんだけれど、こういう1年でした、とは簡単には言えなくて、何をどう書こうか迷ってしまった。3月11日があって、あの日を境に変わったもの、変わらなかったもの、ひととき変わったように思ったけれどまた元に戻ってきたもの、いろ…

ぐるりぐるり

人のことをどうこういっていると結局のところ、はて自分はどうだったかなというところにもどってくる。先ほども職場のあれこれを同僚と話していたのだが、着地点が「軽んじられていると感じるところに人は長居しない」で、あーあこんなこと言っちゃってまー…

おくりもの

ものを作るって世界からの贈り物をうけとるってことなんだなーと思った。

20111012

仕事があまりにひまでなにをしているのだろうと思い、お昼に数学を解きながらこれでいいのだろうかと迷い、イヲナさんからうれしいメールをもらってそういや写真をはじめて9年目かとはっとし、むいてるかむいてないかとかそういうのがわかるには10年はか…

20111005

やりたいやりたいという気持ちが逸って、量をつくりたくなっていたのだが、最近は丁寧に作りたいという気持ちが戻ってきた。土は焼いてしまうと再生がきかない。たくさん作るために雑になるのは、本末転倒だ。火も土も石も星からわけてもらっているのだ。共…

20111001 まとめ(20110921のを再UP)

昨日Iさんと話していて、公開しておいてもよいかなと思ったので、アップしておく。自分のための記録。 - 大人になったんだなあ、というか、してもらったというか、なれたというか、しみじみ感じいる。

20110926

そもそも何故作るのか、ということをかんがえている。といっても今生きているひとの中で何も生み出さずに生きているひとのほうがめずらしいように思うわけで「作らない」選択をするほうが難しい気がする。「ものづくり」の定義?をそこまでひろげてしまうと…

やるやらぬ

やろうと思えば人間なんだってできるんだけどそれをやらないのは結局やりたくないからだと思う。 やりたいことはどんなに苦しくても大変でもやるのだ。苦しくても大変でもやっぱり楽しいのです。 ほとほと凡人で、いやにな…るけどまあ付き合っていく。自分と…

あ、だから

うだうだかいてたら頭の中、すっきりしてきた。自己表現、なんつーおかしなことを言ってるからややこしくなっているわけですね。そんなもんなんで求めようとした? と、いまちょっと思っている。さっきまであんなに表現表現いうてたのに。わたしのまわりにい…

つよさって

やさしさだとおもう。つよいひとはやさしい。よわいひとほどよくほえるのだ。そんなことを母と話して思いましたよ。二番目の兄嫁が暴れん坊将軍でほとほと困っている。甥は再び実家の子となりつつあるようです。もういっそ養子にもらってしまえばいいとおも…

20110902

人の振り見て、というのを思う。あいつはだめだと糾弾することは簡単ではあるけれど、いやまてよ、自分はどうなんだろう、と踏みとどまって考える機会を得られることは何よりのことだよなとも思うのです。人からの指摘も、じゃあどうしたらいいだろうかと考…

20110829

仕事。職場が戦。友人と話してから、考えた。 なぜ、やるのか。写真も文字も陶芸も日記も、やらなくていいことではある。わたしがやらずとも誰も困らないし、誰も死なない。だけど何故かやっている。やらんでもいいことをやっている、と思うと何もできなくな…

はじまりの日に

日に日に空が高くなって秋に近づく。エネルギーの塊のような夏が終わってしまうのが、すこしだけさみしい。じりじりと高めていた集中力とたまった疲労で爆発した8月。自分の感情に振り回されて、周りに迷惑をかけた。と同時にわたしはいつまでこの爆弾を抱え…

なにを

やっているんだろうってわたしも思うのです。いつまで、って。わからないことばかりだ。けど、ぶれずにやらなきゃ。おネガなこといってないで。勝てない。勝てないけど、負けたくもない。勝ち負けじゃないかもしれないけど、その時の全力でやりたい。いつま…

2011夏の総括らしきもの

あまりに得たものが大きかったので。 これを残りの4カ月に、それから来年につなげたい。

感性

最近いろいろな人の写真をみて刺激をうけながら、あらためて自分を振り返っている。影響を受けるのは悪いことではない。だけれど表面だけをなぞるのではあまりに能が無い。影響を租借して自分のものにしたい。何をよしとするか。それをきちんと持っていなき…

4月27日

とあるひとから「サラリーマンは安定があっていいね」というようなことを言われたのだが、サラリーマンもけっして必ず安全というわけではなく、がんばったら評価されるしさぼったらそれだけ痛い目を見るのだけれど、その「安定」の代わりに差し出しているも…

幻の都

やれることをやれるだけ。なんだかそれ以外に言えることがない。 これから先、東京は変わっていくだろうと思う。変わっていってほしいとも思うし、できることをしたいとも思う。 取り戻せない犠牲の上で誰が夢を見たいと思うだろう?

ぐるりとまわってほっこりを探す

いやだな、と思うことももちろんたくさんある。周りの情報に踊らされて、ぐるぐる、ぐるぐる、胸が痛む。だけど目の前に起こる現実の中には、ああ、と思うことも、たくさんある。 昨日思うことを日記に書き連ねようとしていたが、書きすすめていくうちに、結…

for what?

ちょっとはじけた。 いろんなことに無性に腹が立って、そのあと無力感がおそってきて。 何故、という思いが積み重なってこころをかたくかたくしていく。 こういう思いに負けたり、とらわれちゃならんことはわかっているのです。 でもどうしても我慢できなか…

4U

募金も継続。できることからひとつずつ。明日から仕事も本格的に再開。がんばるぞ。

笑おう

笑おう!

地震

なんといえばいいのか。職場が免震構造のビルだったせいか、きっと都内にいた他の方より身体に感じた揺れは少なかったんだと思います。ビル全体が揺れにあわせて揺れるのでパソコンが倒れたりといったようなことはありませんでした。キャビネがずれたくらい…

どうしたいのか

仕事について。これからについて。どうしたいのかがわからなくなっている。考えすぎだな。こうなったら頭でどうこう考えてもだめ。行動して感じることが正解。なので、明日はもりっと行動します。行動してから、また。時間はまだある。

流れていくということ

自分の気持ちより、身体に聞いている。

モラル

誰かに手渡すであろうものを作ったり書いたりするとき自分の中で守るもの、という意味の。 「丁寧」はその中心にあるものだと思ったりした。 こういうことって一般論として語るほうが実はむつかしいと思う。自分の中での考えとしての話しかできないし、それ…

ほしからの

「これはちがう」っていう気持ちがどんどん減って、この10日間くらいでほとんどゼロになった。大げさでなく、こういう心境になったことがないので、なんだろうなこれ、ってへんなかんじだ。いやなかんじではない。浮かれているかんじでもない。静かだし、穏…

このからだも

わたしは名前あるたったひとりの神様を自分の内に思ってはいないけれど*1、大きな何かの存在は信じていて、それを神様、と呼ぶのかもしれないし、自然や、森や、山や、川や、風や、大地、と呼ぶのかもしれないけれど、その中にすでに自分が生まれて在ること…

世界

わたしが何も思わなくとも、そこにある、うつくしいもの。

2月21日

転換期の真っ只中。 ほんとに悩んで悩んで考えたのもあって、まだ頭がとっちらかってぱーんってしてるけど、でもすこしずつかたまってきたかんじです。ここからは流れに身をまかせます。一歩勇気を出して踏み込めたから、きっと大丈夫。いつもの調子で、のん…

目が覚めて

ふと今敏さんのことを思って。それから伊藤計劃さんを思って。 くさくさとしている時間なぞないのだなと思った。 いまアンソロの原稿をやってるんです。 書くことがあんなにつらかったのに、いまはすごく楽しい。そっかこんなに楽しいものなんだと思っている…

そうそう

昨日の記事に追記。小説、というか散文はいまでも書いてます。やめてないです。

断ち切るのではなく、繋げる

ものを使うということを考えている。 作家もののうつわであっても、産地の職人さんが作ったうつわであっても、工場でつくられたものであっても同じだ。 なにを使うか、に注目するひともいるだろう。けど、きっとなにを、だけじゃなく、どう使うか、もあるん…

みる、つかう、おもう

わたしがいますごく右に左に揺れているのと、何を具体的に考えているか、の説明をちゃんとしないので、そのことが意外と周りを混乱、というか心配させてるんだなと思い、今日はこれまでと、いま考えていることを書いておきたい。

一年

去年のいまごろは仕事をやめて就活しつつイヲナさんちで女神転生3をえんえんとやってたな(笑) 一年間、迷いつつも楽しくいろいろやって、やってくなかで気付けたことがたくさんある。 なにげにいまやることがすごく多い。仕事としてやること、というか。…

逆というか同じというか

ものづくりにも仕事に向かうときと同じくらいの冷静さと情熱と相手がいることを考える余裕が必要なんだたぶん。熱すぎてもだめ。 写真に対しては熱いけどだいぶ冷静にもなった。こないだ撮ったやつも今日帰ってきたらのせますね。イヲナさんきれいだよ。 前…

やってみなけりゃ

わからんよな。けど、それ相応の準備ってもんもあるよな。まだまだ考える。

自問自答

本当に、本当に本当に本当に、心底、やらなければしんでしまうというほどに、やりたいのか。おまえにその覚悟がちゃんとあるのか。 飛び込んでみたらわたしが思うほど怖くないことはわかっている。仕事を変えることはそう怖いことじゃないんだ、どこいったっ…

追記

すべては覚悟の問題だ。

あせらない

あせらない、というか、走らない、を身につける。廊下を走らない、みたいな、そういう。

今を

続けられなきゃ、嘘だ。

大晦日

今年はいつもにまして多くの人にお世話になりました。ありがとうございました。 2010年は個人的にリセットの一年となり、自分の今と今までとこれからについて向き合う時間をいただきました。相変わらず考えに迷って右往左往することもありましたが、今は落ち…

お葬式には笑って

死生観は家の文化なのかもしれないなと思う。

いろいろめんどくさくなっている主に自分の気持ちが

仕事に貴賎はありません。

考えた

家族のこと優しさのこと今のことこれからのこと。 誰かとの約束はできるだけ守ろうと思ってこの2年やってきたけど、今度は自分との約束も守ろうと思った。

真綿のなか、カタツムリ

ぼんやり、なにかしたい、という思いがある。文章を書くこと以外に。写真もときどき撮るけど、写真も文章も同じで、何が重要かといえば、「何」を「どう」、撮るか、書くか、で、わたしにはそもそも誰かに強く伝えたい「何か」というものがない。境界線とい…

選択

選ぶか選ばないか、だ。 今の仕事は東京の恩恵だなと思う。 「最下位には最下位の戦い方があるがじゃ!!」

ただ

変わることでしかできないのなら、これからもずっとできないのではないか、とも思うのだ。今ここでできないことはきっとどこへいったってできない。だからとにかくやるしかない、やってやってやってやって、芽が出るまでやる。それしかない。